人数最多的竞彩app_真诚推荐下载~

图片

文字サイズ + 標準
トップページ ? 学部?大学院紹介 ? 総合デザイン工学科 ? 在校生?卒業生メッセージ
Department of Integrated Design Engineering 総合デザイン工学科

在校生?卒業生メッセージ

課題や人間関係を通してものの見方が変わる。

総合デザイン工学科 3年
箕輪 もわ さん
(栃木県立宇都宮中央女子高等学校 出身)

建築に興味があり、幅広いデザイン分野に触れられる総合デザイン工学科への進学を決めました。与えられたテーマに沿って住宅を一から提案するなど、普段の授業も楽しいですが、地域に根差した活動も多様であり、さまざまなことを経験する機会に恵まれていると思います。私は大学に入って、課題や人間関係を通してものの見方が変わりました。物事に内在する意味を深く考えるようになり、自分自身の成長を感じています。福祉に関連付けた空間デザインなど、これから勉強したいことがまだまだあります。将来は地元に帰って、地域に密接にかかわる建築の設計に携わるような仕事ができればと思っています。

社会で活躍する先輩からのメッセージ

広い視野と感性が、大きな武器に。

株式会社コトブキ(株式会社コトブキタウンスケープサービス出向) 勤務
鈴木 海斗 さん
令和3年3月 総合デザイン工学科 卒業
(茨城県立境高等学校 出身)

公園の遊具やベンチの点検並びに修繕業務にあたっています。劣化、破損してしまったプロダクトを、どう修繕したら長く使っていただけるのか、モノと向き合って適切な処置をする、プロダクトのお医者さんのような仕事です。将来的には、多くの人に愛され、思い出の一部になれるような製品のデザイン?設計を行いたいと考えています。総合デザイン工学科では、建築とプロダクトデザインの2分野を学ぶことができました。異なる分野のアプローチを経験することで、広い視野と感性を持つことができたことは、大きな武器になっています。就職活動は、自己分析をきちんと行った上で、自分が活躍できる企業は必ずあるという気概で取り組むことが成功の秘訣だと思います。